各話ネタバレ

カラミざかり 第5話ネタバレ「いっぱい出たね」

桂あいり大人気エロ漫画

カラミざかり

第5話ネタバレを紹介していきます。

 

あらすじ

ついに挿入した貴史と新山のカラミ合いは、さらに激しさを増した

2人とも初めてで最初はぎこちなかったが、すぐに慣れたようにセックスに没頭していた。

 

それを黙って見ていることしかできなかった高成と飯田。

初めての快感に貴史はすぐイって、疲れ果てたように新山と貴史は並んでベッドに横になる。

そしてその様子を見ている高成と飯田の存在に再度気づくと、貴史は「お前らも来いって!」と言って2人の手を引っ張り、ベッドに倒れこませた。

 

飯田を貴史に取られてしまい、新山の相手になった高成だが、飯田のことが気になりすぎて新山の声が全然聞こえてこない。

貴史は飯田にキスをして、おっぱいを揉んで、マ●コを弄って、すでに好き放題やっていた。

飯田は何も抵抗しないし、高成は現実を受け入れられない様子だった。

カラミざかり 第5話ネタバレ

人生で初めてキスをして、おっぱいを触って、チ●コをしごかれた高成。

唇の柔らかさ、おっぱいの柔らかさなどすべてに感動していた。

 

後ろから飯田の声が聞こえて振り返ってみると、貴史が飯田のマ●コを舐めまわしていた。

 

高成はどうしても飯田のことが気になってそちらばかりに目が行く。

しかしいつの間にか新山が高成のチ●コを咥えていた。初めてのフェ●はすごい気持ちよかった。

 

また、後ろから飯田の声が聞こえてきて、見てみると貴史が飯田に挿入しようとしていた。

「おいおい、それはダメだろ・・・!」

高成は心の中で思うが、そんな気持ちも虚しく・・・

 

「あー・・・入った♡」

 

飯田と貴史がセックス。高成が好きな人と親友がセックスしてしまった。

 

それを見た高成は気分はどん底に落ちたが、チ●コはギンギンに反り立っていた。

新山はそんな高成の気持ちに気づいたが、今はどうすることもできずフェ●を続けた。

 

貴史と飯田の動きも激しくなってきて、新山のフェ●もどんどん激しくなっていく。

 

カラミざかり第5話感想

高成可哀そうな気もするけど、男なら飯田を奪い取らなきゃね・・・

ちなみに、貴史が飯田に挿入して「入った♡」って言ったシーン、あそこが個人的に1番の抜けるシーン笑

すごいむかつくんだけど、興奮の方が強いって感じでした笑

 

もうやっちゃってるわけだから変わらないんだし、高成はせっかく新山が気持ちよくしてくれようと頑張ってる方も気にしてほしいな(^^;

なんせ新山も普通に可愛いんだから!!←

 

この際、このシチュエーションならもう構わずやりたいことやるべし、だよ☆

この続きは、『カラミざかり2』に続きます!そちらもとんとエロいので、ぜひ読んでみてください♪